美容対策

乾燥肌対策
乾燥肌とニキビ

乾燥肌とニキビ思春期の肌トラブルと言えば、やはりニキビではないでしょうか。
ニキビというものは、皮脂の分泌量が多くなることでできてしまうのです。
ニキビができる原理から考えると、皮脂が不足をしている状態の乾燥肌ではニキビは絶対に出来ないと思われるかもしれませんが、乾燥肌であってもニキビはできてしまうのです。
なぜ皮脂が不足をしている状態の乾燥肌でもニキビができてしまうのでしょうか?

乾燥肌の方は皮膚に潤いがありませんので、角質層が弾力を失い硬くなってしまっているのです。
角質層が硬くなると毛穴が塞がってしまい、そのことで皮脂が溜まりやすくなってしまいます。
そうなることで、少ない皮脂の分泌量であってもニキビができてしまうことが十分に考えられます。
乾燥肌と言っても、空気が乾燥する冬の時期だけ乾燥肌になる方の場合は、皮脂の分泌量は一般的な人の分泌量とそこまで変わらないのです。
ですので、ニキビができるくらいの皮脂の分泌が乾燥肌でも実は行われているのです。

冬の乾燥時期にだけ乾燥肌になるのではなく、年中乾燥肌の状態が続いているような方は、基本的に皮脂の分泌量が少なくて乾燥肌になっていますので、ニキビはできないとされています。
ニキビ対策として主に行われていることは、不要な皮脂を落とすことなのですが、乾燥肌の方がそれをしてしまうと、乾燥肌の症状が酷くなってさらに肌トラブルを起こしてしまうことも考えられるでしょう。
乾燥肌にも関わらずニキビができてしまうという方は、肌を清潔な状態に保って、潤いを肌に与えてあげるためにしっかりと水分補給をしてあげることが大事になってきます。
ニキビ対策は、単に皮脂を落としてあげることだけではありませんので、自分の肌の状態に合わせて効果のあるニキビ対策を行わなければなりません。
自分でにきび対策が出来ないという方は、皮膚科を受診するのも良いでしょう。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社