美容対策

乾燥肌対策
乾燥肌と皮膚科

乾燥肌と皮膚科肌が乾燥をすると、症状が酷くなれば痒みが出てくるような場合もあります。
痒みがではじめてしまったら、なかなか乾燥肌を自力では治すのが難しいですので、皮膚科を受診するようにして下さい。
乾燥肌はそこまで大したものではないと思われている方が多く、ご自身で判断をしてドラックストアなどで乾燥肌の薬を購入し、乾燥肌対策をされているようです。
しかし、同じ乾燥肌対策の薬であっても、ドラックストアなどで販売をされている市販薬と皮膚科で処方してもらえる薬では、使用をされている成分が全く異なるのです。

皮膚科で処方をしてもらう薬は、いくつかの種類の薬を医師の指示によって薬剤師が調合したものですので、効果というものも市販薬に比べるととても高いのです。
皮膚科で乾燥肌の治療を受ける場合は、炎症止めと保湿のケアを行うための軟膏が処方されることが多いです。
尿素軟膏や白色ワセリンというものが処方されることが多いのですが、
白色ワセリンに関しては、市販をされているものと同じ成分です。
炎症止めとして処方をされる薬は、ステロイドという外用剤なのですが、アトピー性皮膚炎の場合にも使用をされる強めの薬です。
副作用が起こることもあり、皮膚に赤みを起こさせたり、吹き出物などができるなどの症状があげられます。

乾燥肌の治療に処方をされる薬は、基本的には塗り薬が多いのですが、場合によっては飲み薬を処方される場合もあります。
乾燥肌の症状が酷くなってしまっている場合は、自分で治療を行うことは避け、皮膚科を受診するようにしましょう。
また、皮膚科で処方をされた薬と市販されている乾燥肌対策の薬を併用することは、副作用などのトラブルを起こしかねませんので、処方をされた薬だけを使用するようにも気をつけなければなりません。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社