美容対策

冷え性対策
冷え性と食べ物の関係性

冷え性と食べ物の関係性冷え性と食べ物というのは、強い関係性があります。
人間が普段から食べている食べ物は、「陽性」という身体を温めるタイプのものと、「陰性」という身体を冷やすタイプのもの、「中性」と
いうどちらでもないタイプのものに分けられています。

冷え性の対策を行う場合は、陽性タイプの食べ物を出来るだけ多く摂取して、身体を温めてあげる必要があります。
しかし、現代の食生活というのは、どちらかと言えば陰性の食べ物をよく摂取する傾向にあるのです。
冷え性の対策を行うのであれば、陽性の食べ物を積極的に食べるようにして下さい。
そうすることで、冷え性もだんだんと改善させていくと思います。

(陽性タイプの食べ物)
「陽性」タイプの食べ物は、身体を温める効果がありますので、冷え性対策を行うのに最適の食べ物だと言われています。
陽性の食べ物に関しては、寒い地方で多く栽培をされており、冬の時期に旬になることが多いようです。
例えばどのようなものがあるのかと言いますと、生姜やにんにく、ねぎ、ごぼう、こんにゃくなどがあります。
ただ、身体を温めてくれる陽性の食べ物ですが、血液をドロドロにしてしまうこともありますので、過剰摂取には気をつけて頂かなければなりません。

(陰性タイプの食べ物)
「陰性」タイプの食べ物は、身体を冷やす効果がありますので、冷え性対策を行うのであれば、出来るだけ摂取をしないようにしなければなりません。
特に身体を冷やして血液までドロドロにしてしまう食べ物は、摂取をしないようにして頂きたいのです。
身体を冷やす食べ物は、夏に旬を向かえるものが多いという特徴があります。
夏野菜は生のまま摂取をすることが多いですが、加熱をして調理をしてから食べるようにすると、冷え性への影響も軽減されるようです。

(中性タイプの食べ物)
「中性」タイプの食べ物は、身体を温めることも冷やすこともありません。
玄米や麦など、主食になるものが多いようです。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社